HOME>お知らせ>わんちゃんが触られたくないと感じる5つの理由

わんちゃんが触られたくないと感じる5つの理由

Touch the dog

本日はわんちゃんが触ろうとした時に嫌がってしまう時の心理・理由についてお話していきます。わんちゃんだって生き物なので今は触られたくないなんて気持ちの時があるのは当然ですが、できることならその理由や対処を知っておきたいですよね。

病めるときも、健やかなるときもわんちゃんの気持ちを察してあげることができれば、更にわんちゃんとの絆も深まるはずですよ

 

理由1:嫌な思い出がある

心苦しい現実ですが、世の中にはわんちゃんに暴力を振るったり、虐待をする人間もいます。そういった人間の心無い行いがわんちゃんの身体と心を傷つけ、結果としてそれがトラウマのように残り、わんちゃんが人間を怖がってしまい、スキンシップを嫌がってしまうこともあります。

そんなわんちゃんの心の傷を癒すためには、まずスキンシップを避けてゆっくりと信頼を築いていきましょう。わんちゃんに触れなくても、少しずつでも信頼を積み上げていけばわんちゃんと触れ合える時が来るはずです。
ですので、焦らずに少しずつわんちゃんに向き合っていきましょう。

 

理由2:今は気分じゃない

わんちゃんにだって気分はあります。ですので、私たち人間もわんちゃんのことを考えて空気を読む必要があるでしょう。例えば、寝ているわんちゃんにいきなり触ったり、食事中にそれを邪魔してしまったり、そんな触れ方をしてしまうと、普段から触られるのが好きなわんちゃんであっても「ちょっと今は、、、」なんて思われてしまうかもしれません。

わんちゃんによってはそんな「嫌だな、、、」という気持ちを隠して、空気を読んで触られてくれる優しいわんちゃんもいます。そうなってしまうと最悪の場合、一見普通にしていてもストレスが溜まってしまい、いつか爆発してしまうなんてこともあるので、気をつけてあげてくださいね。

 

理由3:体調不良

体調が悪い時、やはりわんちゃんだって触られたくないでしょう。
特に症状・状態次第ではわんちゃんも触られてる時に痛みを感じる場合も多いです。痛みを感じてまで抱っこをされたい、撫でられたいと感じることはないでしょう。
もしいつも触られるのが好きで喜んでくれるわんちゃんが不自然に嫌がるそぶりを見せたら、まず体調不良を疑ってみると良いでしょう。少し様子を見て反応が変わらないようでしたら、速やかにわんちゃんを病院に連れて行くのが良いでしょう。

 

理由4:触られる場所が嫌

わんちゃんが触られて嬉しい部位、嫌な部位があります。触られて嬉しい部位は「首から胴体にかけての部位」と言われており、逆に触られるのが嫌な部位は「手足の先」「お腹」「頭の上」「尻尾」などがあげられます。ある程度の個人差はあるようですが。
ですので、これらの部位を避けて触ってあげれば問題ないでしょう。わんちゃんが嫌がることを減らすのはコミュニケーションとしてはとても大切です。

 

理由5:人見知り

あまり会った事のない不慣れな人に対しては触られることを嫌がってしまう場合があります。
それ以外にもわんちゃんがもともと放し飼いで飼われていて、人と触れ合うのに慣れていないなんて場合も少し人間のことを警戒してしまうことがあります。
そんな場合は焦らずゆっくり親交を深め、信頼を築いてからわんちゃんに触ってあげてください。まだ全然慣れていないのにいきなり触るとわんちゃんもびっくりして警戒を強めてしまいますので。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はわんちゃんが触られたくないと感じてしまう理由をいくつかご紹介しました。
普段から触られるのを嫌がってしまう場合、一時的に嫌がってしまう場合、それぞれご紹介しましたが、わんちゃんにもそれぞれ個人差がありますので、「うちの子はどうだろう」とじっくりわんちゃんのことを理解してあげてくださいね。
それができればわんちゃんと親密なスキンシップを楽しく取り合える関係になれるはずですよ。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら