HOME>お知らせ>人間社会に犬を慣れさせよう

人間社会に犬を慣れさせよう

Let's get used to dogs to human society

私たちが暮らす人間社会のいろいろなものに、犬を慣れさせることを「社会化」といいます。これは、犬が人間と生活を共にするうえで、とても大切なことです。

知らない犬や人と出会ったり、車や自転車などの動くもの、消防車のサイレンな音など、日常生活にはいろいろな刺激があります。犬は、もともと警戒心の強い動物なので、初めて見る人や犬、物、音などに警戒してほえる傾向があります。社会化が不足すると、そのようなストレスがかかり、人や犬に対して攻撃することもあります。
さまざまな刺激に慣れさせる「社会化」をすることで、犬は、いちいち怖がったりストレスを感じることなく、穏やかに暮らすことができるのです。

犬の成長段階では、生後3週~3カ月くらいまでを社会化期といいます。この時期にさまざまな刺激を経験させることによって、犬は社会性を身につけます。
社会化は、好奇心旺盛な子犬のうちにするのがベストなタイミングです。
ほかの子犬と遊ばせたり、人に体をなでてもらうなど、ふれあいをたっぷり経験させましょう。できるだけお客さんに来てもらい、子犬と遊んでもらうのがいいでしょう。

家の中では、電話の音、玄関チャイムの音などの生活音を聞かせます。
子犬にはうるさいのではないかと気を遣わず、普段通りの音を聞かせるようにしてください
。外の音に対しては、ワクチンが終わるまで待つと遅くなってしまうこともあるので、キャリーバッグに入れたり抱っこしたりして外へ出て、最初は静かな住宅街から、だんだんにぎやかな駅前通りなど、自転車や車、子供たちの声のような、町中の音に少しずつ慣らしていきます。

できれば、「パピーパーティ」と呼ばれる飼い主と子犬のための教室などに行ってみましょう。
社会化は、子犬のうちにするのがベストですが、成犬になってからでも根気よくトレーニングすれば、改善できることもあります。困った行動が出てしまった場合には、プロのトレーナーに相談してみてください。

パピーパーティーとは?

パピーパーティーとは子犬たちの「社会化」を進めることを目的として、いろいろな場所で開かれています。同じ月齢の子犬達を集めて、様々な遊びを経験しながら社会性を身に付けていきます。
本来なら社会化期に母犬・兄弟犬などと一緒に過ごすことで、社会性を身に付けていくことができるのですが、現在はペットショップなどで飼育された子犬達が隔離されて社会化期を過ごしてしまっています。社会化することなく大きくなる犬が多くなっている原因でもあります。
そこで大事な社会性を身に付ける環境を提供しているのが、パピーパーティーなのです。

社会化期にパピーパーティーに参加して社会性を身に付けることは大変重要ですが、パピーパーティーの場を選ぶのは最も重要となります。口コミや評判をもとに信頼できるパピィーパーティを選び出しましょう。

パピーパーティー開催場所の選び方

・室内で、もしくは専用の場で行っている
・衛生面に対しても配慮がある
・参加する犬にワクチン接種の確認を行っている
・トレーナーの人数が複数人いる
・参加する犬の人数が多すぎない
できれば定期的にパーティーを開催しているところを選びましょう。
(1日参加しただけで、社会性を身につけるのは難しいです。臆病な子犬は、怖い経験だけ感じてパーティーを終える可能性があるので、1度だけであると満足な効果は得られません。)

上記を参考にパーティー選びをしてみてください。

 

パピーパーティーの内容

パピーパーティーは、子犬同士を遊ばせながら、社会性を身につけるのを目的に開催しています。大部分が自由に子犬同士で遊ぶ時間を作っているパーティーになります。
パピーパーティーの開催場所によって異なりますが、飼い主さんが子犬におやつをあげるプログラムや、子犬同士遊んでいる最中に様々な音を聞かせるプログラム、飼い主さんとおもちゃで遊ぶプログラムなどが組まれています。

パーティーに参加することは、犬の社会化の手助けとなります。
近くで開催されているのであればぜひ参加してみてください。社会化させてあげると犬とのコミュニケーションがとりやすくなります。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら