HOME>しつけ>わんちゃんに本当に好かれているか?怖いけど知りたいチェック法

わんちゃんに本当に好かれているか?怖いけど知りたいチェック法

Is it really liked by my doggy

普段からわんちゃんと仲が良いと思っていても、実際にどれくらいわんちゃんから信頼を得られているかって自分では中々判断できないですよね。そんなわんちゃんの気持ちを簡単に判定をお伝えしてきます。ちょっと怖いですが、わんちゃんとの生活をより良くするためには必要なことではないでしょうか。

 

■撫でる時に耳を倒してくれるか?

わんちゃんが何か良いことをした時、頭を撫でてあげるシチュエーションがあると思います。そんな時、わんちゃんは耳をペタッと倒していますか。それともピンと耳を立てているでしょうか?

もし、わんちゃんが耳を倒す仕草をしているのなら、それはわんちゃんがあなたのことを心の底から信頼をしているサインです。
なぜなら、この仕草はわんちゃんが自分の頭を丸く見せるために行うものだからです。人間の赤ちゃんもそうですが、自分の姿を丸く見せ、自分が弱い存在であなたに守ってもらわないとダメなんです。と甘え、かわいがってもらうための仕草なのです。
そう思うとこの仕草がさらにかわいくて思えてきませんか?

 

■飼い主さんのあくびがうつるか?

あなたがあくびをした時にそれがわんちゃんにも移ってしまったことはありませんか?

意識したことがない人からすると「そんなことあるの?」というような現象ですが、実は近年では人間のあくびがわんちゃんに移るということが立証されているのです。。その上、あくびがうつる場合にも見知らぬ人間のあくびよりも、わんちゃんの身近な人間のあくびの方が移りやすいことまで分かっています。

これはわんちゃんと飼い主さんとのの信頼関係がしっかりと築けている証拠です。なぜなら、あくびが移るということはわんちゃんがあなたの気持ちを汲み、共感をしていないと起こらない現象だからです。

 

■お尻をスリスリとくっつけてくれる?

飼い主さんがゆっくりとくつろいでいたりするときに、スッとわんちゃんが寄ってきてお尻をスリスリとくっつけてくる、なんてことはありませんか?
お尻は多くの動物にとって弱点とされる部位で、わんちゃんにとってもそれは同じことです。自分の弱点であるお尻をくっつけてくることは飼い主さんには弱点をさらけ出しても大丈夫、と信頼して甘えている状態です。

ちょっと憎たらしくもかわいい仕草ですよね。

 

■お腹を撫でさせてくれるか?

これはお尻をくっつけてくれる仕草と同じ要領なのですが、当然お腹も急所であり、その急所を無防備に晒して、触らせてくれることは信頼の証です。
あなたのことを信頼しきって、無防備な腹部を撫でて欲しいと甘えているのです。これはわんちゃんがまだ子犬の頃の名残とも言われています。もうこんな仕草をされてしまったらかわいくて仕方がないですよね。

しかし、この仕草には信頼だけではなく、強い存在への恐怖を表したり、相手に対しての攻撃的な心情を表している場合もあるという研究結果も出ています。わんちゃんがどういう心境でこの仕草をしているかはケースバイケースで汲み取ってあげなくてはいけませんね。

 

■名前を呼んだ際、すぐに寄ってきてくれるか?

飼い主さんがわんちゃんの名前を呼ぶ時、恐らくほとんどの場合、それを聞いたわんちゃんが寄って来てくれることと思います。当然これは信頼されている証拠でもあるのですが、重要なのは呼んでからこちらに駆け寄ってくるスピード感です。

もし、わんちゃんが遊びに夢中になっている最中や、少し離れたところにいる時にでもすぐさま呼び戻すことができているのなら、これはとても良い状態です。なぜならそれはわんちゃんにとって飼い主さんの優先度が非常に高いということだからです。
呼び戻しはしつけの基本ではありますが、とても重要なことです。例えば、わんちゃんが事故に空いそうな時にもしっかりと呼び戻しができているのなら、その事故からわんちゃんを守れるかもしれません。わんちゃんとの信頼も深め、様々な危険から回避できるのは本当に重要です。

まだ、呼び戻しに自信のない飼い主さんがいらっしゃるなら是非、呼び戻しの訓練をしてみてくださいね。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか?これらの仕草の中には「いつもやってくれてる!」と思わず喜んでしまうものもあれば、あまり目にしないものもあったかもしれません。

わんちゃんはいつも自分の気持ちを何かしらの行動にしてサインを出してくれています。それを汲み取り理解することがわんちゃんと飼い主さんのコミュニケーションだということを忘れないでおいてください。
そうすれば、より一層わんちゃんとの絆が深まるでしょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら