HOME>コラム>犬の老化は何歳から?老犬との向き合い方

犬の老化は何歳から?老犬との向き合い方

How to face an old dog

愛犬と過ごしている中で、必ず向き合わなくてはいけないのが犬の老化です。犬も人間も年を重ねることからは逃れることはできません。また、犬は人間よりも早いスピードで老化していきます。そのため、飼い主は犬の成長とともに衰えていく姿も経験しなければなりません。

犬の老化は何歳から?

犬はサイズによって寿命が異なります。一般的には大型になればなるほど、寿命が短くなるため、老化の進行が早いです。サイズごとの老化が始まるとされている年齢は下記のようになります。
小型犬:9~13歳
中型犬:9~11歳
大型犬:7~10歳

個体差があるため、すべての犬がこの歳になると老化が始まるわけではなく、さらに早い犬もいれば、遅い犬もいます。ただし、目安としては上記の年齢くらいから老化が始まります。
超大型犬の場合は、早ければ6歳くらいから老化が始まることもあります。超大型犬の6歳は人間の69歳にあたり、犬の寿命が短いことを感じられます。

犬の老化のサイン

老化は日常の行動から判断できます。これまで見られなかった行動の変化に気づき、老化と早い段階で向き合うようにしましょう。老化が始まった犬の代表的なサインについて紹介します。
・ 散歩に行きたがらなくなった
・ 食べ物の好みが変わる
・ 口臭が気になる
・ 飼い主を判別できなくなる
・ 散歩中に物にぶつかることが増えた
・ 階段を避けて歩こうとする
・ 言うことを聞かなくなった
・ 飲む水の量が変わった
・ 感情の起伏が目立つようになる
・ 睡眠時間が長くなる
・ 体重が減ってきた
・ 白髪が増えてきた
・ できていたことができなくなる

上記以外にも老化のサインはありますが、基本的にはこれまでには見られなかった行動をするようになったら疑うようにしましょう。老化が始まると耳が聞こえにくくなり、体力も低下するため、運動することや散歩を嫌がるようになります。

老犬のために整えるべき環境

愛犬に老化が始まったら、環境の改善に取り組みましょう。
これまで屋外で飼っていた場合は、室内飼いに移行しましょう。とは言っても、急に室内飼いにすると、環境の変化がストレスになることもあります。まずは日中だけ室内に入れるなどして、室内を自分のテリトリーだと覚えてもらうことが必要です。

目を離す場合

老化が始まった愛犬をひとり家に残してお出かけするのは心配です。そんな時にお勧めするのが、ペットホテルです。宿泊ではなく、日帰り旅行などの際も、ペットホテルは一時預かりをしてくれます。また、24時間スタッフ常駐のペットホテルもありますので何かあっ
た際も対応してくれます。

私達Lion Heartでは24時間スタッフが常駐しています。急遽預けなければならない。愛犬のためにお願いしたいことが沢山ある等なんでもお申し付けください。
愛するペットを大切にお預かりします。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら