HOME>コラム>ペットホテルから見る犬の買い方・選び方

ペットホテルから見る犬の買い方・選び方

how-to-choose-a-dog

子犬を選ぶときのポイント
子犬を選ぶときのチェックポイントをリスト化しました。性格まで見抜くことは難しいですが、健康優良児かどうかはある程度判断できます。

健康な子犬の見方

•目 黒目は適度にきらきらしており、白目には充血がないこと。目ヤニがなく、異常な涙目でないこと。
•鼻 適度に湿り気があること(睡眠中は乾いていても良い)。
•耳 中がきれいで変なにおいがせず、音に敏感に反応すること。
•口 口臭がなく歯並びが良いこと。歯茎は健康なピンク色であること。
•お尻 肛門がきれいに締まっていてただれていないこと。尻尾の動きが元気なこと。
•皮膚 毛づやが良く、毛を掻き分けたとき皮膚にフケや湿疹がないこと。
•足 骨格がしっかりしていてふらふらと変な歩き方をしないこと。

犬選びの注意点

犬を選ぶときのタイプ別チェックリストです。ご自分のライフスタイルや性格と対比しながら、最も適していると思われる犬を選びましょう。

オス犬かメス犬か

オス犬はメス犬よりもやや体が大きめです。また運動が好きでメスよりも活動的といえるでしょう。結果としてやや餌代が高くつく可能性があります。去勢していない場合は発情期に合わせて攻撃性が高まるかも知れません。また、未去勢のオスによく見られる行動特性として、「飼い主に対する支配性」、「他の犬に対する攻撃性」、「縄張り防衛」などを挙げる研究者もいます(Hart&Hart, 1985)。

一方メスはオスに比べてやや活動性が低くおとなしめです。避妊していない場合は発情期に合わせて気分が落ち込むこともあり、子宮や卵巣の腫瘍など、メス特有の疾病が発症するリスクもあります。また、未避妊手術のメスによく見られる行動特性として、「服従しやすさ」、「トイレのしつけやすさ」、「甘えたがる」などを挙げる研究者もいます(Hart&Hart, 1985)。

長毛か短毛か

長毛の犬は放っておくと毛玉ができやすいので、ブラッシングに時間をかける必要があります。またシャンプーは月1~2回、プードルやビションフリーゼのように毛が伸び続ける犬種の場合は定期的なトリミングも必要となります。
一方短毛の犬は長毛の犬に比べると手入れが楽です。換毛期のある犬もいますが、気温が比較的安定している室内で飼っていれば次第に本来の換毛期がはっきりしなくなってくるようです。柴犬などの毛は柔らかくて掃除もしやすいですが、ドーベルマンやラブラドールレトリバーのように硬くてチクチクする掃除の大変な毛の犬種もいます。犬の毛

室内飼いか外飼いか

犬に対して番犬としての役割を期待している場合や、犬が超大型犬の場合は、屋外で飼われることが多くなります。しかし、そもそも犬は群れを作って走り回りながら活動的に暮らす生き物です。その犬を長時間漫然と鎖につないでいること自体が、見方によっては虐待ともとれます。またストレスから長時間吠えたり、早朝や深夜に吠えるようになると近隣住人とのトラブルになりますので、犬を屋外飼育する場合はそれなりの知識と準備が必要となるでしょう。
屋内犬の場合は、賃貸住宅の契約違反や近隣住人との騒音・悪臭トラブルがよくありますので、十分な知識を得た上でお飼い下さい。

単頭飼いか多頭飼いか

単頭飼いの場合、遊び相手がいなくて犬が寂しがるかもしれません。また、飼い主とべったりの関係になり、分離不安(飼い主がいなくなると無駄吠えなどの問題行動を起こす)を示す可能性も考えられます。しつけによって問題行動はある程度解決可能ですが、犬を単頭飼いする場合は、留守番が少なく、多くの時間を犬に避ける家庭の方が向いているでしょう。
一方、1匹だとさびしいだろうという理由から、2匹同時に購入する人もいます。犬に遊び相手がいる方がよいのは事実ですが、実際2匹同時に飼うとなると相当大変です。また単純に2倍の経費が掛かりますので、多頭飼いする時は何となくや勢いではなく 飼う前に厳密にシミュレーションしてからご決断下さい。

純血種か雑種か

純血種であれば 成長時の体の大きさや遺伝的疾患、またある程度であれば気質や性格も予想できます。しかし見た目を重視した交配の結果、遺伝的疾患の出やすい犬種もあるという点がデメリットです。

お金儲けのために人気犬種を次々に繁殖させているような悪質なブリーダーもいますので、飼い主の側の知識と見る目が問われます。
一方雑種犬は両親犬がわかっていないので、その子の性格や成犬時の大きさなどの予測が付きにくいという難点があります。しかし純血種に比べると遺伝性の疾患にかかる率が比較的少ないという点がメリットでしょう。

大型犬か小型犬か

大型犬は小型犬に比べて多くの運動量を要求しますので、飼い主の側でも散歩等の運動に対する配慮が求められます。散歩に連れて行く時間がほとんどないという方は控えたほうが良いでしょう。室内での生活に適応できる犬も多くいますが、家の中での破壊行動につながらないよう、何らかの形で犬のストレスを軽減させる必要があります。また当然小型犬よりも餌代を始めとする経費は体が大きい分だけかかります。

小型犬は大型犬ほど運動量を必要としません。家の中を走り回るだけで満足する犬が多いようですが、実際にはやはり多少屋外に連れ出して散歩した方がよいでしょう。また小型犬は一般的に温度差に弱いため、屋外でのアウトドアにはあまり向いていません。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら