HOME>お知らせ>わんちゃんが好感を持ち始めた時に見せる仕草

わんちゃんが好感を持ち始めた時に見せる仕草

Favorable behavior

わんちゃんが自分のことを好いてくれているかどうか、多くの飼い主さんも気になることと思います。わんちゃんは私たち人間と違い、言語のよるコミュニケーションを取れない分、仕草から察するしかありません。

ですので、ある程度、わんちゃんの仕草の裏にある感情があらかじめ分かっていないとどれくらい好かれているのか、それとも好かれていないのか、も分かりません。
本日はそんなわんちゃんが飼い主さんに好感を持ち始めた時に見せてくれる仕草をいくつかご紹介します。これを頭の片隅に置いていてくだされば、自分がわんちゃんに好かれているかどうかがきっと分かるでしょう。

 

■近づいて匂いを嗅ぐ

わんちゃんの嗅覚が私たち人間より数段優れているということは多くの飼い主さんがご存知のことと思います。わんちゃんたちはそれだけ嗅覚を重要視しており、まず見慣れない人や興味がある対象にはとにかく臭いを嗅ぎます。

そうはいってもわんちゃんは警戒心が強いので、まずは遠くから様子をうかがい、
「大丈夫そうだな」と認識したら、徐々に近くに行き、臭いを嗅ぎ始めるのです。

わんちゃんが近寄り、臭いを嗅ぎ始めたら、「仲良くできるかな?」とわんちゃんが思い始めている証拠です。つまり好感を持ち始めているということです。

もし、わんちゃんが臭いを嗅いできてくれたら、拒むことなく存分に臭いを嗅がせてあげると良いでしょう。

 

■目線を逸らす

目を逸らすと聞くと、私たち人間の仕草ではネガティブな意思を表すことが多いですが、実はわんちゃんにとってはそんなことはないのです。わんちゃんにとって目線を逸らすという仕草は「あなたに警戒はしてないよ」という意味があります。

反対に目を合わすという行動は、警戒や威嚇の感情を表す仕草なので勘違いしないようにしましょう。ですので、目をじっと覗き込んだりすることもオススメしません。わんちゃんからすると警戒・威嚇をされていると勘違いさせてしまいますので。。。

私たち人間とは概ね反対の感情を表すのはなんだか面白いですよね。
わんちゃんがフイッと目を逸らしたら、「あれ、ちょっと好かれているかも」と認識して良いでしょう。

 

■触っても逃げない

これは私たち人間と近い感覚ですが、親しい人に触られるのは嬉しいと感じますが、そうでない人に触られるのは嫌!と感じています。

ですので、好かれているか?どうかの基準は大人しく触らせてくれるのか、否かと覚えておくと良いでしょう。わんちゃんも仲良くなりたいと思っていたり、信頼してる人に対しては嫌がらずに触らせてくれたり、時には喜んで触らせてくれることや、スリスリ身体を擦り付けてきてくれることもあるのです。

とってもカワイイ仕草なので、お目にかかれたらラッキーですね。

 

■おもちゃを持ってくる

わんちゃんがおもちゃを持ってくるということは「一緒にあそぼ」とお誘いをしてくれてる仕草です。つまりある程度、信頼がある人にしか行わない仕草です。

一緒に遊んでる間にさらに距離を縮められたたのなら、もっとわんちゃんと仲良くなることができますね。

 

■名前に反応してくれる

わんちゃんが名前を呼ばれて、レスポンスするのは好意を持っている証拠です。あまり好意を持たれていない時には反応してくれないので、
「自分は好かれてるのかな、、、」と気になったらわんちゃんの名前を呼びかけてみるのも良いでしょう。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか?

本日はわんちゃんが好意を持ち始めた時に見せる仕草をいくつかご紹介いたしました。
わんちゃんといつも過ごしていると、自分が好かれているのかな、とふと気になる瞬間があると思います。

そんなときにこれらの仕草をチェック基準にしてみたらいかがでしょうか?

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら