HOME>しつけ>犬との旅行についてのポイント

犬との旅行についてのポイント

dog-travel

わんちゃんといっしょに「旅行」しよう

旅行を楽しい思い出にするためには事前の準備が大切です。

ペットと泊まれる宿泊施設も増えてきましたが、見知らぬ人やペットと顔を合わせる事になるので、社会化や日頃のしつけが十分におこなわれていないと、犬自身もストレスを強く感じますし、周囲に迷惑をかけることになってしまいます。
宿のルールは事前によく確かめておき、排泄場所、食事や寝床の場所等は宿の指示に従いましょう。旅先で流行している感染症がある場合もあるので、ホームドクターに相談し、該当するワクチンの接種をした方がよい場合があります。また野山に行くのであれば、ダニの予防も必要です。
迷子になった時のために、迷子札やマイクロチップも用意した方がよいでしょう。
また、旅先の病気やケガに備え、旅先にある動物病院を調べておきましょう。
海外に動物を連れていく場合には、様々な手続きが必要となります。マイクロチップがないと入国出来ない国もあります。
できるだけ早い時期に渡航する国の大使館や検疫当局、利用する予定の航空会社に問い合わせるとよいでしょう。

自動車での移動を考えているのであれば、社会化期のうちに車に乗る事に慣らしておく必要があります。
車酔いしないようにするには、犬の様子を伺いながら、時々休憩時間をとったり、可能なら散歩をさせて気分転換をはかります。車酔いする犬には、乗車の直前にフードを与えないようにし、どうしても必要であれば酔い止め薬をホームドクターに処方してもらいましょう。

また、移動中の車内で自由にさせるのは非常に危険ですので、キャリーバッグに入れるか、犬用のシートベルトを装着します。
夏場に車内にペットを置き去りにすると、わずかな間に温度が上昇し、熱中症になる恐れがあるので絶対に避けてください。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら