HOME>お知らせ>なぜわんちゃんはトイレやお風呂をのぞいて来るのか?

なぜわんちゃんはトイレやお風呂をのぞいて来るのか?

Dog peeping

気づいたら、わんちゃんがトイレに着いてきたり、お風呂に着いてきてチラチラこちらを見ていたり、そんな経験はありませんか?
わんちゃんがどこにでも着いて来てくれることは嬉しい反面、それはそれで大丈夫なのかなぁ、と不安に考えてしまう面もあります。

本日はそんなわんちゃん達がなぜトイレやお風呂にまで着いてきてしまうのか、それがどういった心理なのかを紐解いていきます。

 

■飼い主さんのことが気になってしょうがない

愛情を持って接している限り、わんちゃんは飼い主さんのことが大好きです。ですので、わんちゃんは飼い主さんに対して「今何してるの?」「なんかやるの?」と興味津々で気になって気になって仕方がありません。
特にトイレやお風呂は個室ですから「僕に隠れて何かやってるの?」と気になるでしょう。
これはわんちゃんの大好きな感情の現れなので、このケースであればわんちゃんが着いてきても、覗いていても問題なし。わんちゃんが着いてきたい、覗きたいと思う限り、いくらでも付き合ってあげて良いでしょう。

 

■おねだりのタイミングを狙っている

この場合は純粋に、飼い主さんがたまたまトイレやお風呂に入っている際に、わんちゃんが何かしらおねだりをしたくなって様子を伺っているというケースです。
なので、別段トイレやお風呂という場所が気になっているというより、飼い主さんがトイレやお風呂にいっているタイミングでわんちゃんが「お菓子ちょうだいよー」とか「一緒に遊んで!」といった気分になったというだけの話です。
そういうケースですと、無理にわんちゃんの要求に答える必要はありません。そうすれば、トイレやお風呂に入っているときはお願いを聞いてもらえないんだな、とわんちゃんも学習し、次第にトイレやお風呂を覗いてくることもなくなるでしょう。

 

■怖いことがあったり、不安になっている

飼い主さんがトイレやお風呂に行っている間にわんちゃんにとって何か怖いことや、不安なことがあった場合があります。こういう時わんちゃんは心細く、「どこにいるの??」という心境で飼い主さんの様子を伺うように着いてきます。

大きな音に驚いたり、隣のわんちゃんと喧嘩したり原因は様々ですが、いずれにせよ飼い主さんをみて、側に感じて安心したいという心境が働いているのでしょう。
そういったとき、わんちゃんは体を震わせていたり、息遣いが荒くなるなど、普段飼い主さんに近寄ってくる時とは様子が違うので、それに気づけたときは、側に寄り添ってわんちゃんを安心させてあげてください。

 

■いたずらを目論んでいる

いたずら好きのやんちゃなわんちゃんはちょっと飼い主さんが目を話すとすぐにいたずらをしてしまいます。そんなわんちゃんがこれはチャンスだと感じ、しばらく飼い主さんがお風呂で戻ってこないだろう、、、と一応様子を伺いにくる、というケースもあるようです。

そういう場合、とりあえずいたずらがしにくいように、対策すると良いでしょう。
例えば、散らかしやすいものをわんちゃんの届かないところに避難するということは私も普段からやっていることです。

 

■依存している

稀なケースですがわんちゃんが極度に飼い主さんに依存している、というケースもあります。

基本的にわんちゃんは飼い主さんのことが好きなので、多少かまってちゃんなのは問題ありませんが、あまりにべったりしてしまい、飼い主さんが少しいなくなるだけで鳴き声を出したりする場合は少し危険信号かもしれません。

その場合は分離不安症という病気の恐れがあります。
対処法は速やかに獣医さんに診せることをオススメします。素人判断で対処せず、専門家に見せてあげることが何より大切です。

もし心当たりがあったら、まず病院!

 

■最後に

いかがでしたでしょうか。いくつかのパターンに分け、わんちゃんがトイレやお風呂をのぞいてくる心理についてお伝えしました。

わんちゃんが飼い主さんについて回るのは懐いてる証拠として嬉しく感じますが、なかには気にしなくて良いもの、気にした方が良いもの、それぞれあります。是非飼い主さんが気にかけてあげて「これは大丈夫かな?」と判別してあげてくださいね。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら