HOME>お知らせ>犬の気分のあげ方とは?

犬の気分のあげ方とは?

Dog mood

私たち人間はストレスが多いと、調子があがらなかったり、最悪の場合病気になってしまったりしますよね。それと同じく、わんちゃんもストレスを感じて日々を過ごすより、「楽しい」「嬉しい」と感じて生きること有意義になりますし、が長生きにも繋がります。

わんちゃんの気分の上げ方の方法とは?

 

■褒める

わんちゃんはとても褒められるのがとても大好きです。ほとんどの飼い主さんが気づいているかと思いますが、褒められている時のわんちゃんの喜びようったらないですよね。
わんちゃんは表情、声、スキンシップなどを視覚・聴覚・触覚全てを動員して褒めてもらうという行為を享受します。つまり、飼い主さんからもらえる表情、声、スキンシップ、それらが全てが大好きで、ご褒美なのです。

ですので、「また褒めてもらうにはどうしたらいいかな?」と次の機会を虎視眈々と模索しています。なんとも可愛らしい性格ですよね。

 

■なでる

なでるという行為は褒めることと類似する点も多いのですが、それだけでなく、純粋に接触によるマッサージ効果やリラックス効果もあります。
ちなみにわんちゃんをなでてあげる時のオススメの部位は、アゴの下・お腹・頭から首あたりです。これらの部位をなでてあげると、わんちゃんは気持ち良いようです。
反対に、鼻先・耳・しっぽあたりはわんちゃんが触られたくない部位なので、あまり触らないであげる良いでしょう。

 

■遊ぶ

わんちゃんは遊びがとっても大好きです。中でもボール遊びやフリスビーは特にお気に入りです。なぜかというと、それはわんちゃんが先祖代々持っている狩猟本能を刺激するからで、更に言うならばわんちゃんは昔から私たち人間とともに狩猟犬として行動を共にしてきたため、人間と一緒に、狩猟本能をくすぐる遊びは本能的に大好きです。

また、本能という面以外でも、単純な運動によるストレス発散や、運動不足解消にも繋がり一石二鳥です。

 

■お散歩

そして、わんちゃんの気分をあげると言ったらこれでしょう。そう「お散歩」です。
これは説明不要かもしれませんが、人間と暮らすにあたり、部屋の中や庭の中で生活するわんちゃんは本能的に運動をするには少しスペースの狭さを感じます。

それを解消できるという意味でも、のびのびと走ったり、色んな景色や匂いに触れることのできるお散歩はわんちゃんにとってかけがえのないものであり、大好きなコトの一つなのです。

飼い主さんがお散歩に誘う仕草をしたり、いつもお散歩の時間が近くなると、ソワソワして「我慢できない」という仕草をするわんちゃんも多いようです。

私たち人間としてもそこまで楽しみにしてくれるなら、一緒に行く甲斐がありますよね。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか?

わんちゃんの気分をよく保つのは、毎日を楽しく過ごすための一つのコツです。
わんちゃんが楽しそうにしているとつい笑顔になってしまいませんか。

そしてわんちゃんの気分を上げる行為の共通点は「飼い主さんとのコミュニケーション」です。なぜなら、人間とわんちゃんがコミュニケーションを取ることで「オキシトシン」という幸福ホルモンが分泌されるからです。

この「オキシトシン」は人間にも分泌されますし、わんちゃんも分泌されます。ですので、私たち人間がわんちゃんとコミュニケーションをとって幸福感を得ている時、多少の差はあれ、わんちゃんも同様に幸福感を感じてくれているということです。

また、「嬉しい」「楽しい」という感情はわんちゃんの長生きにも繋がります。そして反対に、「寂しい」「悲しい」という感情が多ければ多いほど、わんちゃんの寿命は短くなってしまう可能性が高くなるとも言われています。
ですので、わんちゃんと飼い主さんが共に楽しく日々を過ごすことができれば、その楽しい日々がより長く続くはずです。
わんちゃんが気分良く日々を過ごせるように気にかけてあげてくださいね。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら