HOME>コラム>ワンちゃんの食事について

ワンちゃんの食事について

dog-meal

子犬の食事(1歳未満)

生後1年で成犬となるため、子犬に必要な栄養分は成犬の約2倍必要です、栄養不足になると、しっかりとした骨格、筋肉の形成が行えなくなります。
そのためにも、子犬の食事は、子犬専用のドッグフードを与えてください。(子犬用のドッグフードは、一般のドッグフードより栄養価が高い)

生後42日までは、授乳期ですので、母乳または代用乳を与えて下さい※離乳期の離乳食は、1日3~4回に分けて子犬専用のドッグフードをお湯でふやかしてやわらかくしてから与えてください。
生後3ヶ月からは、ドライフードをそのまま与えるようにします。
生後7ヶ月からは、1日の食事回数を2回にして下さい。

また、特に大型犬に多いのですが、成長期の段階にカルシウムを過多に摂取すると骨格の形成異常になることがあります。
そのためドッグフード以外に、サプリメントとしてカルシウムを与えることは避けて下さい。

成犬の食事(1歳~6歳)

成犬には、一般的なドッグフードを1日1~2回に分けて与えてください。
また、新鮮な水をいつでも飲めるようにしてください。成犬の中でも小型犬(シーズーなど)や、運動量が多い犬はドッグフードの中でもタンパク質の含有量が多いドッグフードを与えてください。
また、肥満犬についてはカロリーが少なく食物繊維を多く含んだ肥満犬専用のドッグフードを与えてください。

高齢犬の食事

老犬は運動量が少なくなる+消化器官も衰えてくるため、成犬と同様の食事を与えてしまうと、体型が肥満となり、内臓疾患にもなりやすくなるためカロリーが少なめで食物繊維が多く含んだドッグフードを与えてください。歯が悪くなった老犬の場合は、ドッグフードをお湯でふやかしてあげてください。また、高齢になると足腰が弱ってきますので、出来ればグルコサミン/コンドロイチンが含まれているペットフードを選んであげて下さい。グルコサミン/コンドロイチンは、関節を強化するためです。

犬に食べさせてはいけない食べ物

タマネギ

タマネギは赤血球に対し強い毒性を持っています。このタマネギの成分は煮ても焼いても消えないので、タマネギを与えることにより、ひどい場合は急激な溶血(赤血球が溶けてしまうこと) がおこり、急性の貧血をおこして、死亡してしまうこともあります。万一、タマネギを与えてしまった場合、尿の色が変わりますので、その場合は直ちに病院で手当てを受けることが大切です。

生卵(卵白)

鶏卵はすばらしいタンパク源ですが、卵白だけを与える場合は注意する必要があります。それは、卵白の中のビオチン(ビタミンB群の1つ、皮膚を正常に保ち、神経に関するビタミン)と結合して腸管から吸収出来なくさせるアビジンというタンパク質が含まれているからです。ただし、卵白を加熱してから与えるか、ビオチンを豊富に含む卵黄を一緒に与えれば問題はなくなります。

牛乳

牛乳は様々な栄養素を含んでいますが、犬の完全食品ではありません。つまり、あえて与える必要はありません。また、ラクトース(乳糖のこと)を多く含むので、体内で消化しきれない場合、下痢の原因となります。特に子犬の場合は、注意する必要があります。

鶏のささみ・赤身

たしかに、ささみや赤身は良質のタンパク質のかたまりで、よく食べますが、これを与えることで、リンとカルシウムのバランスがくずれる可能性があります。また、ささみや赤身の味をおぼえることで、それがなければ食事を食べない、また、ささみをせがむなどの悪癖をつけることになってしまいます。

 

リンとカルシウムについて

リンとカルシウムは、犬の体内で結合します。
そのためこれらをバランスよく摂取する必要があります。例えば、リンを多く含む肉ばかりを犬に与えた場合、リンが結合するカルシウムが不足するため、骨からカルシウムをとり結合する脱灰という症状になります。
この症状がひどくなると、骨がふにゃふにゃになってしまいます。逆に、カルシウムを過剰に与えると、カルシウムが結合するリンが不足し、行き場のなくなったカルシウムは内臓のまわりに付着してしまいます。
一度内臓に付着したカルシウムは取り除くことが出来ません。カルシウムを与えている犬の場合、便が白っぽくなっていれば要注意です。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら