HOME>コラム>犬のマッサージ「Tタッチ」とは?

犬のマッサージ「Tタッチ」とは?

Dog massage

マッサージにはどんな効果があるのか。そんなことを記載していきます。愛犬ですから触れた際の感触やしこり、皮膚トラブル、ノミダニの有無、毛並みの状態の変化、小さな傷さえも気づくことができると思います。
特に乳腺腫瘍、肥満細胞腫のように身体の表面にしこりとして現れることが多い病気は、早期発見、早期治療の鍵になります。

●犬が喜ぶツボ

犬も人同様にツボ(経穴)が存在します。東洋医学、西洋医学が古くからの概念であります。東洋医学では、ツボを使うと、経絡の気の流れがよくなります。気の流れが良くなると、内臓の働きが良くなります。内臓が良くなると、人間の自然治癒力(自分で治す力)が高まり、病気が治るというわけです。要するに、ツボとは各内臓の働きを良くするためや、気の流れや血の流れを良くするための ”体の秘密のボタン” と思ってもらえればOKです!
ツボマッサージを飼い主が行う場合、ある程度の知識が必要になります。

最低限、どこにツボが存在していて、そのツボを押すのか、揉むのか、撫でるのか、どの方法で刺激することが一番いい方法で、どんな効果が期待できるのかなどを知っておく必要があります。こう書いてしまうと、面倒くさいような気がしますが、覚えてしまえばさほど難しいことでもなく、犬と人間との身体の構造が多少違うだけで、人間と同じような場所に存在し、同じような効果を発揮するのです。

■犬のマッサージ「Tタッチ」とは?

どんなものかの説明の前に、特徴と効果を説明いたします。

Tタッチの特徴

・皮膚のすぐ下に働きかけ、身体を意識させる
・神経に作用して精神バランスを整える
・手で皮膚を触る方法と道具を使って正しい姿勢で歩かせる方法がある
・姿勢と精神のコンディションを重視

Tタッチの効果

・吠える、咬む、人間嫌いなどの問題行動の解決
・犬の自己治癒力の向上
・身体の麻痺、歩けないなどの
犬の神経に関係する症状の改善
・痛みの緩和

Tタッチの由来

人間のためにあったボディーワークを馬に応用したことが始まりで、馬によってかなりの症例を持ち結果を出したといわれています。その施術をいろいろな形で研究して開発されたものが現在、犬にも用いられているマッサージの方法です。動物体内の細胞の機能と活力を刺激し、普段使われていない脳への神経回路を活性化させることで、動物のメンタル面をサポートし学習能力をも高め、細胞レベルでの痛みや恐怖を解放する方法だとも言われています。
一見難しいように感じますが、慣れてくることや日々行っていくことで、やり方や特徴を理解し、訓練に応用できるためTタッチ法が覚えておいて損はないと思います。

■他のマッサージ「パッフラワーレメディ」なども

なんだそれ!!!!となるとは思いますが、人のアロマと思っていただければ基本的に大丈夫です。症状や問題に応じて、植物やハーブなどの効果を利用し、リラックス効果を生み、その問題を解決していくといったもので、これと犬のマッサージを合わせることで多くの効果が期待できると思います。

■犬のマッサージで気をつけたいこと

・食事について

ドッグマッサージ施術前の1時間、施術後の2時間は食事をお控えください。なぜなら、マッサージを受けた後は血液の循環が良くなります。血流がアップすると犬の体には嬉しい効果が沢山期待出来ますが、施術前もしくは施術後にすぐ食事をすると、消化が妨げられて胃に負担をかける可能性が高いです。
胃への負担を軽減する為にも、マッサージを受ける際は食事の時間に気をつけてください。また、マッサージ直後はトイレをしたくなるわんちゃんや、お水を欲しがるわんちゃんが多いです。
愛犬の状態を確認しつつ、マッサージを終えた後はトイレとお水を忘れないようにしましょう。

・運動について

マッサージを受ける前は激しい運動をお控えください。なぜなら、ドッグランで目一杯に走り回った犬や、ドッグスポーツの練習直後の犬の筋肉には乳酸が溜まっており、わんちゃんの体も疲れています。
運動直後のマッサージは筋肉にダメージを与える恐れがありますので、クールダウンをして体を休めた後に施術を受けましょう。また、マッサージ直後に関しても運動はあまりおすすめしません。
マッサージの効果には個人差がありますが、ほとんどのわんちゃんが施術後はおねむな状態になります。マッサージを終えた後はゆっくり寝かせながら、のんびり過ごすことをおすすめします。
マッサージは人もそうですが、好きな人と嫌いな人がいます。犬も一緒です。必ずしもマッサージが好きなわんちゃんだけではないのです。マッサージを覚えたから得意げにやるのではなく、愛犬表情や仕草を確認して行ってください。そのため今回の記事にはマッサージのやり方を載せていません。本当にわんちゃんのことは考え、理解してくださる方にやっていただきたいです。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら