HOME>しつけ>わんちゃんが幸福感を感じる5つの瞬間

わんちゃんが幸福感を感じる5つの瞬間

Dog happiness feeling

一緒に暮らしているわんちゃんの幸せを願っていない飼い主さんはいないと思いますが、そうは言ってもわんちゃんは人間と違い、言語コミュニケーションやジェスチャーも取れないため、どんなことを考えているか、感じているか分かりにくいですよね。

本日はそんなわんちゃんが幸福感を感じ、「しあわせ〜」と思う瞬間をお伝えします。
わんちゃんの感情はどうしても確認しづらいですが、あらかじめわんちゃんが喜ぶであろうことを増やしてあげることならできますよね。きっとその積み重ねがわんちゃんの「幸せ」に繋がりますよ!

■飼い主さんと一緒に過ごしている時間

ほとんどのわんちゃんは飼い主さんのことが大好き。愛情を持って接してくれる飼い主さんならなおのこと、です。

ですが、飼い主さんがお仕事や用事でお留守番が多いわんちゃんも少なくありません。普段から、そんな寂しい時間をじっと我慢しているわんちゃんにとって、飼い主さんと一緒に過ごせる時間は貴重ですし、唯一、安心して甘えられる幸せな瞬間なのです。
わんちゃんといられる時間が少ない方は是非、一緒にいられる時間に目一杯スキンシップをとってわんちゃんを満足させてあげてくださいね。

 

■静かに寝ている時間

飼い主の皆さんにも「寝ている時間は至福」なんて感じる人、多いのではないでしょうか?
私も寝ることは大好きですが、わんちゃんは人間より睡眠の時間が平均で15時間と、とても長いため睡眠の重要度は高いのです。

そんな眠ることが大好きなわんちゃんのために、静かで適温が保たれた睡眠に適した環境を用意してあげましょう。飼い主さんもわんちゃんの安心して眠るカワイイ姿を見れば幸せを感じられるはずですよ。

 

■お散歩を楽しんでいる時間

わんちゃんにとって、お散歩は一日の一大イベント。室内で暮らすわんちゃんにとっては外出の唯一の機会とも言えるのでその期待もひとしお。

ですので、ただ単にお散歩に行くだけでも良いのですが、時間帯やコースをこだわってあげるとさらに幸福度があがります。
コース上の匂い、空気。なるべくなら、季節ごとに花や木々の香りがする、空気の良い散歩コースで、他のわんちゃんや飼い主さんも散歩していて挨拶ができる時間帯のお散歩の方がわんちゃんの幸福度も高くなる上、社会性の訓練にもなります。これぞまさしく一石二鳥。

 

■美味しいものを食べている時間

私たち人間と同じく、美味しいものや好物を食べている時間というのは、わんちゃんにとっても幸せな時間です。

健康面のことを考えるといつもいつもわんちゃんの好きなご飯やオヤツをあげられるとは限りませんが、毎日毎日同じものを代わり映えなく与えるていると、どうしても飽きが来てしまうので、なるべくなら、ちょっとした献立の工夫や、たまにはわんちゃんの大好きな食事やオヤツを食べさせてあげるなどしてみると良いでしょう。

 

■好きなことをしている時間

好きなこと、というと、わんちゃんごとに好みの差がありますが、これが十分な水準でできているとわんちゃんの幸福度はグッとあがります。

・静かなところでゆったり睡眠すること
・飼い主さんとお気に入りのコースをお散歩すること
・近所の仲良しわんちゃんとの交流
・飼い主さんとおもちゃで遊ぶこと
・川でバシャバシャと泳ぐこと
・いつもの自分の特等席でまったりダラダラすること

などなど、それぞれのわんちゃんに自分だけの好きなことがあるはずです。
一緒に暮らしてるわんちゃんは何が好きですか?
わんちゃんの趣向には個性がとてもよくでます。わんちゃんの性格を理解し、好きなこと・好きなものをわかってあげてくださいね。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか?

本日はわんちゃんが幸福感を感じる瞬間をいくつかご紹介しました。
振り返ってみると、どれも私たち人間とさほど変わらないですよね。ですので、大切な人、例えば、家族や恋人、友人に接するようにわんちゃんにも接してあげれば良いのかもしれません(そういう心持ちで、という意味で)。

そういう思いやりを持った飼い主さんと暮らすことができるなら、長い目で見たときにわんちゃんはきっと幸せを感じてくれることでしょう。
ということで、より思いやりを持ってわんちゃんに接することができるよう私たちも頑張っていきましょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら