HOME>お知らせ>なぜわんちゃんは早起きになるのか?

なぜわんちゃんは早起きになるのか?

Dog early bird

飼い主さんの中にはわんちゃんがとても早起きでちょっと困る、なんて方も多いのではないでしょうか。
本日はそんなわんちゃんが早起きをしてしまう原因をいくつかご紹介し、それに対処する方法もご紹介していきます。
できることなら、飼い主さんが起きている時間にわんちゃんと行動したいですよね。

■トイレに行きたい

まず一つ目の原因はわんちゃんが年老いていくにつれてトイレが近くなってしまうということです。わんちゃんも人間と同じく、尿意や便意をもよおすと目が覚めてしまいます。
しっかりとトイレの訓練ができているわんちゃんなら、わんちゃんが勝手に起きて、トイレを済ませてくれるので、問題ないでしょう。ですが、まだきちんとトイレの訓練ができていなかったり、そもそもトイレが屋外にあったりすると、「起きて起きて!トイレに行きたいよ!」と早朝から飼い主さんを起こしてしまいがちです。まあ、トイレ以外のところで用をたしてしまうよりは断然良いでしょうが。。。

対処法

就寝する前にトイレを促してあげると良いでしょう。人間の子供と同じ要領でやってあげてください。これだけで朝のトイレがぐっと減ります。普段外でトイレをしている場合、夜間に外に出るのは飼い主さんとしても少し面倒ですよね。

ですので、室内でのトイレトレーニングをすることお勧めします。成犬になっても問題なくトレーニングはできますよ。

 

■お散歩に行きたい

お散歩やその他の運動が不足していると、わんちゃんはエネルギーが余ってしまい、そわそわして「早く、お散歩したい!!」とお散歩をおねだりします。それが飼い主さんの生活スタイルによってわんちゃんが朝早く起きて、ねだってくるのです。

できれば、わんちゃんの体力をしっかり使い切ってあげて1日を終えられるのが理想です。なるべくはそんな日を続けてあげましょう。

対処法

体力が余っているから、早起きしてしまうなら、その体力を使い切ってあげれば良い話です。しかし、中々忙しくて毎日はいけないな、と思う方も多いでしょう。その場合はわんちゃんが室内でも体力を使える環境にしてあげましょう。

例えば、ボールやおもちゃを使ってわんちゃんと遊んであげてください。それだけでもわんちゃんは十分に体力を使い切ってあげることができます。その時はフローリングでわんちゃんが滑られない様にしたり、足元や邪魔なものが落ちていないか、気にかけてあげてくださいね。

そうはいってもなるべくは外にわんちゃんを連れ出してあげてくださいね。

 

■老化現象で、、、

わんちゃんは老化すると睡眠時間がさらに長くなります。睡眠時間が長くなるのになんで、早起きになるの?普通は睡眠時間が長くなると、起きる時間が遅くなるんじゃないの?と思うかもしれませんが、案外そんなこともありません。

なぜかというと、睡眠時間が長くなると今までと勝手が変わり、わんちゃんの生活リズムも崩れやすくなるからです。ですので、今までは夕方ごろは起きていたのに、その時間帯もずっと寝ていて、気づくと朝はとても早く動き出す、なんてこともあるのです。

対処法

あくまで睡眠の時間は減っておらず、むしろ増えています。だから、わんちゃんの睡眠サイクルを飼い主さんが作ってあげましょう。ご飯の時間やお散歩の時間をコントロールすることにより、朝は寝る時間になるように促してあげましょう。

 

■最後に

わんちゃんが最近いつもより早く起きている、そんな現象が起きた場合、上記のように原因は様々です。ケースバイケースでその原因によった対処をしてあげてください。
どうしてもわんちゃんと飼い主さんの生活サイクルが乱れると日々の生活も楽しくなくなってしまいます。わんちゃんとの楽しい生活を担保するためにもわんちゃんの起きる時間は飼い主さんがコントロールできるようにしてあげましょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら