HOME>しつけ>わんちゃんが好きなのに警戒されちゃう6つの理由

わんちゃんが好きなのに警戒されちゃう6つの理由

dog-alert

なぜ警戒されてしまうのか?

わんちゃんは危険に敏感な生き物です。だからこそ人や物に対して警戒をすることもしばしば。わんちゃんが好きなのにいつも警戒されているような気がする、、、なんて飼い主さんもいるのではないでしょうか。本日はわんちゃんに警戒されてしまう理由をお伝えしていきます。

■理由1:いきなり触ろうとしてしまう

カワイイわんちゃんを見つけたら、ついつい撫でてしまいたくなっちゃいますよね。
気持ちは分かりますが、実はこれもNGな行動の一つです。見知らぬ人がいきなり触ってくるのは警戒の対象なのです。

まあ、人間だって置き換えて考えてみても、いきなり見知らぬ人から触られたら警戒しますよね。それと同じです。
その上、わんちゃんと人間では身体の大きさが全然違うので、わんちゃんからすると、いきなり高いところからぬっと、手を出してくるのですからたまったもんじゃないです。
中でも頭を触ろうとするのはいけません。頭は生物にとっての急所ですから、警戒センサーはいきなりマックスになってしまいます。

ですので、まずはわんちゃんに触る前に、自分の匂いを嗅がせてあげると良いでしょう。するとわんちゃんが安心してくれます。そしてそのあとに背中など、頭ではないところから徐々に撫でるようにしてあげてくださいね。

 

■理由2:瞳を見つめる

実はわんちゃんの中では、じっと目を見つめることは敵意を意味するのです。だから私たち人間がわんちゃんの目を見つめることも当然、わんちゃんは「敵意を抱かれてる?」と思い、警戒してしまいます。時と場合によっては唸り声をあげてしまうなんてことも、、、

わんちゃんとの間にしっかりと信頼が築けていれば、見つめても問題になることはありませんが、まだ信頼が構築できていないわんちゃんの瞳をじっと見つめることはNGです。気をつけるようにしましょう。

 

■理由3:わんちゃんに一直線に近づく

わんちゃんは正面から一直線に近づかれることが苦手です。なぜなら、わんちゃん同士が挨拶する場合、正面から一直線に近くことはせず、弧を描きながら近くからです。
どうやらカーブを描きながら近くことは敵意がないことを表しているようです。ですので、私たち人間がわんちゃんに近寄る際も、ゆっくり弧を描き近づいてあげてください。

そして近寄れたからといっていきなり触ってはいけませんよ。まずは匂いを嗅がせて安心させてあげてくださいね。もちろん、その際は目も合わせないようにしましょう。

 

■理由4:大声を出す

わんちゃんの聴覚は人間よりも発達していると言われています。つまり声や物音も大きくよく聞こえているということです。

ですので、多くのわんちゃんは大きな声や物音が苦手です。
私たちはついついわんちゃんに近く際、喜びのあまり声が大きくなってしまうことが多いですが、実はわんちゃんからするとそれは警戒の元なのです。

わんちゃんに接するときは声のボリュームを抑えて、穏やかな声で話しかけてあげましょう。当然物音に関しても気を使ってあげてくださいね。

 

■理由5:におい

わんちゃんは聴覚だけでなく、嗅覚も人間と比べ、非常に発達しています。ですので、においには非常に敏感です。わんちゃんの苦手なにおいは人間同士なら気にならない程度でも控えるべきでしょう。

わんちゃんが苦手なにおいは以下。

・香水(特に柑橘系)
・タバコ
・アルコール

これらには特に注意しましょう。
わんちゃんがなぜか懐いてくれない、なんて感じたことのある人はこれらのにおいがしていないか、気をつけてみると良いでしょう。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか。
もしかするとこの中に当てはまってしまう項目があった人もいたのではないでしょうか。

もし当てはまる項目があったのなら、少しずつでもこれらを気をつけていけばわんちゃんが安心して接してくれるようになるはずです。

焦らず一つずつ注意して行動を見直してみましょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら