HOME>コラム>ミニチュア・ピンシャーの特徴

ミニチュア・ピンシャーの特徴

Canis lupus familiaris
ミニチュア・ピンシャーの特徴

ミニチュア・ピンシャーは、よく小さいドーベルマンと表現されることがあります。
実際、外見は小さいドーベルマンという表現は的を捉えており、程よく引き締まったスリムな体型をしており、全身は柔らかい短毛に覆われています。
ミニチュアという名前の通り、体長と体高は等しく25-30cm程度、体重は5kg程度と小さな犬種になります。
後述しますが、ミニチュア・ピンシャーはドーベルマンの延長線上の犬種などではないので、小さいドーベルマンなどと言わないようにしましょう。

ミニチュア・ピンシャーの毛色

ミニチュア・ピンシャーは、短毛のシングルコートと言われる体毛の種類をしています。
シングルコートとは、体毛が一重だけの犬種といいます。
ミニチュア・ピンシャーの色自体は、3種類存在します。

 ブラック&タン

こちらは、黒をベースとした濃い茶色の差し色があります。

チョコレート&タン

こちらは、濃い茶色ベースの薄い茶色の差し色があります。

 レッド系

こちらは、赤みがかった茶色をしています。
この他にブルー系などの毛色を持ったミニチュア・ピンシャーもいますが、それらは「レアカラー」と言われます。
健康的にも問題がある可能性もあり、可愛いからといって安易に飼育するのは注意が必要です。

ミニチュア・ピンシャーの出で立ち

前述の通り、その外観と「ミニチュア」という名を冠している事から「ドーベルマン」の小型版と思われる方が多いのですが、実は全くの別種なのです。
原産国は同じドイツでもミニチュア・ピンシャーの方がドーベルマンより約100年も前から存在します。
もともとは、ドイツなどで小さな害獣(ネズミなど)を駆除するために「ヘル・ピンシェル」 ”ピンシェル ピンシャー(Pinscher)=犬” という犬種をダックスなどの小型犬をかけあわせて小型化したのがキッカケです。

19世紀頃には、現在のミニチュア・ピンシャーの姿になっていたと言われています。
ちなみにドーベルマンは、この「ヘル・ピンシェル」を大型化したものでいわばミニチュア・ピンシャーとは従兄弟のようなモノなのです。
「あの、ドーベルマンの小さいやつ」と言われた時はしたり顔で否定して正しい知識を教えてあげましょう。
また、ドーベルマンに関しては下記の記事で詳しく解説してあります。

原産国のドイツでは、「レイ・ピンシェル」、「ツベルク・ピンシェル」と呼ばれ親しまれています。こちらは共に小さいピンシェルという意味になります。

第一次世界大戦後に人気に陰りが見えてしまったミニチュア・ピンシャーですが、今では、 トイ・グループの王様 とまで言われるようになりました。
トイ・グループとは、小型化された犬種のことを言います。

ミニチュア・ピンシャーの性格

ミニチュア・ピンシャーは、非常にエネルギッシュで好奇心が非常に強い犬種です。
少々人見知りな所がありますが、そこを乗り越えれば、飼い主に対しての高い忠誠心を示してくれるようになります。
好奇心旺盛なところが勝りすぎ、常に動き回ってなにかをさがしているやんちゃさんなので、飼い主になる方が常にミニチュア・ピンシャーを注意を配ることが必要でしょう。
大げさに聞こえるかもしれませんが、好奇心で脱走することが多々報告されているほどの好奇心を持ち合わせているので、注意するに越したことはないでしょう。

また、番犬としても非常に優秀な犬種とも知られています。どんなに大きな相手にも勇敢に立ち向かっていくので場合によっては、訪問者に怪我を負わせてしまうこともあります。
飼い主は、しつけの際には社会性をしっかり教え込む必要があるでしょう。

ミニチュア・ピンシャーと脚

ミニチュア・ピンシャーのもっとも大きな特徴のとして前脚の関節を馬のように高く上げて歩く「ハックニー歩様(ほよう)」があります。
この歩き方で歩くミニチュア・ピンシャーは非常にかっこよく、騎兵隊になった気分で散歩を堪能できます。

また、「伏せ」の姿勢をする時に馬や鹿のように前脚を織り込むのも、ミニチュア・ピンシャーの特徴と言えます。

ミニチュア・ピンシャーの飼育環境

ミニチュア・ピンシャーは、かなりの運動量を必要とします。
1日40分前後の散歩や、もし可能ならば運動可能な大きな庭があると良いでしょう。
運動後にはちゃんと手入れしてあげる必要があります。濡れた布で丁寧に拭いてあげましょう。

性格の箇所でも言及しましたが、ミニチュア・ピンシャーは人見知りかつ勇敢な犬種です。
見知らぬ人に攻撃を加えてしまう可能性が大いにあります。子供に危害を加えてしまったりしたら目も当てられません。
なので、何度も言うようですが、 ミニチュア・ピンシャーに社会性をしつける ことが飼い主の命題だと言えるでしょう。

また、トリミングに関しては日々のブラッシングで十分なのですが、犬種的に皮膚が弱いことがあるので注意が必要です。

次に気温ですが、寒さには弱いので冬場は服を着せたり室温を上げるなど温度調節は必要です。

また、見ての通り、脚が華奢なのでソファーなどの高所からの飛び降りには注意しましょう。
高所に登れないようにするのが一番です。

ミニチュア・ピンシャーの寿命

個体差はありますがミニチュア・ピンシャーの寿命は12歳〜15歳程度と言われています。
愛玩犬としては平均的な寿命です。

ミニチュア・ピンシャーの値段

ミニチュア・ピンシャーをペットショップで購入する際は、だいたい15 ~ 25万円程度かかります。
また、メスだったり、タンと呼ばれる毛色の犬種は10万程度値段があがることがあるので注意が必要です

犬の食ふん防止サプリメント
犬の食ふんは体の中の異常を示しています 手遅れになる前に今すぐ対策を!

ミニチュア・ピンシャー購入時の注意点

購入時には以下の5点を気をつけると良いでしょう

•血統書があるか
•四肢がしっかりしているか
◦特に後ろ足の関節が開いていると、成犬になった時に影響が出る可能性があります。
•眼の色、鼻の艶などがあるか
•先天的な疾患の恐れがないか
•ペットショップに来る前の飼育状況

これらをキチンと確認して迎える事をオススメします。

 

ミニチュア・ピンシャーと病気

活発で元気いっぱいのミニチュア・ピンシャーですがかかりやすい病気があります。
ミニチュア・ピンシャーを飼う方は気をつける必要があるでしょう。

•外耳炎

断耳しなかったミニチュア・ピンシャーは成犬になるまで耳が垂れる事があります。
その際耳の中を清潔に保ってあげないと外耳炎になる可能性があります。

•皮膚炎

ミニチュア・ピンシャーは皮膚が弱いと言われています。
散歩や他の犬などと接触して、通常なら問題ない程度の雑菌でも皮膚を害することがあります。
獣医との相談の上ですが、まめに薬用シャンプーなどで身体を清潔に保つ必要があることも。

•椎間板ヘルニア

小型室内犬の宿命と言えますが年齢と共に背骨や骨格が弱くなり、ソファなど高所からの乗り降りは注意が必要です。

 

ミニチュア・ピンシャー 基本データ

原産国:ドイツ
値段:15万〜25万円
毛色:レッド、ブラックタン、チョコレートタンなど
寿命:12歳〜15歳程度
体重:1.5kg〜5kg程度
特徴:体長、体高がほぼ同じスクエア体型、馬の様なハックニー歩様をする
性格:活発、冷静、警戒心が強い、運動神経バツグン
かかりやすい病気:外耳炎、皮膚炎、椎間板ヘルニアなど

ドーベルマンのような見た目で小型サイズのミニチュア・ピンシャー
とても魅力いっぱい元気いっぱいで可愛らしい犬であることがお分かり頂けたと思います。
犬を飼うことを考えている方にはとてもおすすめな犬種ですよ!

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら