HOME>お知らせ>見逃さないように!犬のシグナル 散歩編

見逃さないように!犬のシグナル 散歩編

Camping signal walk

今回は犬が散歩中に見せるシグナルについて説明していきます。
ただ歩くだけと思いがちですがその道中でたくさんのシグナルを発信しているのです。注意してみてあげれば犬との距離がぐっと縮まります。

・立ち止まって歩かない

歩かない場合は、何かを怖がっているか、行きたくない、臭いをかぎたいなどと主張しているかです。
子犬のころから社会化が不足すると、屋外に出したときにいろいろなものに怖がり、散歩が嫌いになってしまうこともあります。怖くて歩かない場合は、少し離れて呼んであげそばに来たらよく褒めてあげまた離れる、という方法で慣らしていくのが良いでしょう。

おやつを使って誘導すると、おやつがほしくて止まるようになる可能性があります。
また、立ち止まって動かないときは、しっぽをチェックしましょう。しっぽが股の間に入っている場合は恐怖を感じているサイン。こうした様子がない場合は、「疲れた、抱っこして」などの要求をしている場合があります。
しかし、座り込んだ際にリードを引っ張るのはやめましょう。さらに頑固に踏ん張る癖がつきます。

・ずっとにおいをかいでいる

においをかぐ行為は、本能が満たされてうれしい気持ちです。食べられるものが落ちているかもという期待も持っています。
散歩中に道端のにおいをかぐのは、気になるにおいを見つけてさらに情報を得ようとしているからです。特に草むらはさまざまなにおいが集まっているので、本能を刺激されて気分も高揚しています。耳を上げ、しっぽをやや高く上げたり、フリフリ振っているときは、わくわくした気持ちです。好奇心旺盛な犬ほどにおいかぎに熱心です。
マーキングをさせたくないときは、においかぎを防ぐことが大事です。犬が地面や対象に鼻を近づけないように、においをかぎそうになったら、名前を呼んで気を引き、頭を上げさせてやめさせましょう。
農地や畑などのそばなど、農薬散布の可能性がある場所のにおいかぎはNGです。空き地などの草むらも、除草剤を使用している場合があるので注意が必要です。マーキングしてはいけない場所ではにおいかぎをさせないようにしましょう。

・ほかの犬とあっても知らんぷり

他の犬が近づいてきても、相手に近寄るそぶりを見せず、歩く速さをも変わらない。警戒する様子なく、耳やしっぽの状態も普通で怖がっていないなら、単に「興味がない」「無関心」ということです。相手の犬に関心がないので、挨拶する気もありません。特定の犬に対してだけ無視する場合は、「関わりたくない」という気持ちの表れです。
しかし他の犬に無関心だと、飼い主としては少し物足りないかもしれないですね。

でも、犬に対して興味がないのは、別に悪い事ではありません。犬よりも、人と関わったり遊んだりするほうが楽しいと感じるタイプの犬も少なくありません。散歩中に出会った犬や飼い主が挨拶にしたそうに寄ってきたら、「ごめんなさい、犬が苦手で」とやんわりお断りしましょう。強引に挨拶させようとして近づけると、嫌がって相手の犬や人を攻撃することもあり、飼い主との信頼関係を損なうことになりかねません。
犬同士で仲良く遊べない犬もいますが、それほど困ったことではありません。遊べたほうが楽しそうですが、犬とあって耳を後ろに倒したり、しっぽを股の間に挟んでいたら怖がっています。特に成犬になっている場合、無理強いは禁物です。無理に犬友を作らなくても、犬はあなたがいれば十分うれしいのです。

・他の犬のにおいをかぐ

犬同士のあいさつは、お互いのにおいをかぎあうことです。お尻、鼻や口の周り、耳などのにおいをかぎあい、どんな犬なのか情報を交換します。肛門近くにある臭線のにおいで、性別や年齢、健康状態、気分が良いか悪いか、強いか悪いかなど、様々な情報を得ることができます。一方的にかぐのではなく、相手にもしっかりかがせてあげるのが挨拶上手です。
他の犬に会ったとき、その犬に興味を示して近寄ろうとする場合があります。顔見知りの犬なら問題ありませんが、初めて会う犬には注意が必要です。「うちの犬は社交的でフレンドリーだから大丈夫」と不用意に相手に近づけると、いきなり吠えられたり、攻撃されたてトラブルになる可能性もあります。相手の犬は、挨拶したくないタイプかもしれないし、犬が苦手なタイプかもしれません。初めて出会う犬と挨拶させたいときは、相手の飼い主に、「挨拶させてもいいですか?」と確認させてから触れ合わせましょう。

犬の祖先であると言われているオオカミは、下位のオオカミが上位のオオカミににおいをかがせるのが先ですが、犬同士はあまり関係ないようです。立場の上下というよりは、慣れ、不慣れ、社交的、シャイといった違いのようです。においをかいだら、かがせるのが上手な挨拶です。人間も片方が自己紹介して、片方はしないことはありません。においをかがせないと、いらいらさせて怒ることもあるので上手に挨拶させましょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら