HOME>コラム>アメリカンコッカースパニエルの性格や特徴

アメリカンコッカースパニエルの性格や特徴

american-cocker-spaniel

アメリカンコッカースパニエルはイングリッシュコッカースパニエルをアメリカで改良したものとされています。
イングリッシュコッカースパニエルよりも全体的に体型が小さく、体高は約37~約40cm、体重は11~13kgの中型犬です。
そのルーツは1620年、移民船メイフラワー号に乗った犬の1頭がコッカー・スパニエルだったともいわれています。

後続の移民船でも、スパニエルがもち込まれているが、多くが頭部が丸く鼻吻部が短いマールボロー系の小柄なタイプで、それが現代でみられるアメリカンコッカースパニエルとなったようです。
コッカーとは「ヤマシギ」という意味からきており、すでに15世紀のイギリスではヤマシギ狩りにスパニエル種の犬が利用されていたことが記録されているようです。
日本では、昭和30年代から人気犬種となり、現在に至っています。

特徴

アメリカンコッカースパニエルは小振りでがっしりとしており、強健な犬種です。
体形のバランスも良く、コンパクトな体を持ち、彫りの深い形のよい頭部を持っています。
鳥猟犬のなかでは最も小柄で、尾は断尾される事が多く、やや上向きになっているのが特徴です。
ダブルコートの被毛は絹糸のように滑らかで、まっすぐかわずかにカールしているものが良いとされています。
毛色は黒一色や黒にタン・ポイントのあるもの、レバー、チョコレート・ブラウンなど、黒以外の単色または斑点のあるアスコブと呼ばれるもの、斑のあるもの以外の二色毛でパーティ・カラーと呼ばれるもの、明るいクリーム色から濃い赤色まででタン・ポイントが基本の毛色に10%以内で含まれるタン・マーキングと呼ばれるものがあります。
アメリカで最も可愛がられている犬です。

性格

性格的にはとても温厚であることは、その愛嬌のある表情から伺えます。
他のワンちゃんに対しても人間に対しても比較的友好的だと言います。
アメリカンコッカースパニエルのしつけで一つの注意点があります。
アメリカンコッカースパニエルの場合には厳しく訓練的に叱りつけるというのは不向きなのです。
というのも、急激に大声で叱りつけてしまうと、その反動で恐怖心を持ってしまう恐れがあるからです。
せっかく物静かで穏やかな性格が持ち味のアメリカンコッカーなのですから、出来るだけ穏やかな性格のまま育ててあげた方がわんちゃんにとっても良い事でしょう。

飼い方

運動

とても優雅でおとなしそうな外見ですが、猟犬が元になっているだけあって運動するのがとても大好きで、スタミナもあります。休日にはドッグランに連れて行ってあげるなど、自由運動もストレス発散には有効です。
元猟犬なので、運動能力は高いです。1日2回、20分程度の散歩をしてあげるのが理想です。遊びも大好きで、散歩中にランニングをいれてみたり、ドッグランでボール遊びをするととても喜びます。真夏の暑さはとても苦手なようなので、夏場は朝夕の涼しい時間帯
に散歩するのがいいでしょう。

食事

好き嫌いがなく食べることが大好きなので太りやすいです。メニュー管理が必須な犬種で、子犬の頃からしっかりとした栄養管理をしてあげる必要があります。
フードは通常一日に与える量として、約250〜300gが目安とされていますが、これは成犬で毎日運動を適度に行ったアメリカンコッカースパニエルが摂る量と考えた方がいいでしょう。おやつをあげる時は、その分フードの量を減らす必要があります。手作り食などで置き換えてヘルシーなメニューにするのもいいかもしれません。太りやすい体質で、運動不足になるとすぐに太ってしまいます。アメリカンコッカースパニエルは膝が弱いので、太り過ぎると脱臼してしまう可能性もありますので餌の与えすぎには要注意です。

手入れ

耳と目の毛が長いので毛が目に入ったりすると眼球に傷が付き、結膜炎や最悪の場合は白内障などになってしまいます。目に掛かるようであればカットをしてあげましょう。
垂れ耳でやや通気性が悪く、耳が汚れやすいのが特徴です。耳は毎日汚れていないか確認し、蒸れていたり汚れていたら乾燥したタオルで拭き取ってあげましょう。月に2回くらいはイヤーローションなどで耳の奥も掃除してあげましょう。

注意点

臭いにも気を付けましょう
耳が「臭いな」と思ったら雑菌が繁殖している証拠です。放っておくと外耳炎などになる可能性もあります。
アメリカンコッカースパニエルは毛量が多く、毛の伸びも非常に早いので週に2~3回のブラッシングと月1回のシャンプーが必須です。しかし、シャンプーを頻繁に行うと皮膚の乾燥がひどくなります。汚れが目立つけれどシャンプーしたばっかりというときは、蒸しタオルで体を拭いてからブラッシングしてあげるようにしましょう。

トリミングは2ヶ月に1回連れて行ってあげましょう。
ライオンハートはトリミング先と提携しているので、カットに行く暇がない方でも宿泊のついでにトリミングができます。スタッフにご相談いただければ飼い主さんの代わりに予約をさせて頂き、ご希望のカットをお申し付けいただければトリマーさんにお伝えいたします。お迎えの時には、シャンプーしてきれいになってカットして可愛くなった愛犬に会えます。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら