HOME>コラム>犬の歯磨きについて

犬の歯磨きについて

About dog's tooth brushing

ワンちゃんも歯磨き大事!

人間が歯磨きをしないと虫歯になったり、歯周病になったりするように、ワンちゃんも歯磨きをしないと歯の病気になります。
最近では、大人のワンちゃんの8割が歯周病だと言われています。
毎日の歯磨きで予防してあげるのが飼い主さんの責務です。

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯茎の周りに住む菌が歯の周りの組織に炎症を起こす病気です。
食べかすなどは、3〜5日ほどで石化して、歯の表面が凸凹になり歯垢が付いてしまいます。
この凸凹の表面が菌の繁殖の場所になってしまい、口臭の原因だったり、さらに、血管に菌が入り込み、心臓や腎臓に疾患を引き起こすこともあります。
歯についた歯石は家で取る事ができません。動物病院で全身麻酔をして取り除くのが主流です。

さらに進行している場合は、抜歯が必要になったりしてしまいます。
ワンちゃんの歯磨きの方法としては数多くの方法があります。
シートで歯を拭くものだったり、歯ブラシタイプのもの、おやつ感覚でかじりながら歯垢を落とせる歯磨きガムや、遊びながら歯磨きができるオモチャタイプのものなど数多く存在します。
本来、犬は歯磨きをする生き物ではないのはみなさまご存知でしょうw
なので、ワンちゃんは、歯磨きが好きではありません。

まずは唇をめくったり、口の中を触ったりして慣れさせることから始めましょう。
毎日の歯磨きでワンちゃんとコミュニケーションをとりながら大事な歯も守れます。ぜひ毎日の歯磨きを習慣にしましょう。

ワンちゃんはおやつ大好き!!

人間も好きですよねwもちろんワンちゃんもおやつは大好きです。
おやつをねだってくるワンちゃんって可愛いですよね!ついついたくさんあげたくなってしまいます。でも、、、
欲しがる分あげてはいけません!

ワンちゃんは食べる事が大好きです。
中には人間にもらったら、その分全て食べてしまう子もいます。
そうすると、栄養が偏ったり、肥満や病気の原因になったりします。
大事なのは、栄養が整ったドッグフードを程よく食べた上で、体調や量を調整しておやつをあげる事です。
おやつをあげすぎてしまうと、ドッグフードを食べなくなっちゃう子が多いです。
主食、おやつを区別して偏食にならないようにしましょう。

注意!おやつの中には、添加物がたくさん使われているものが?

原材料や原産国、成分表示などは必ず確認してください。アトピーやアレルギーを持ったワンちゃんもいます。そんなワンちゃんには無添加のおやつをあげてください。
最近は、砂糖などを使用しないワンちゃん用のお菓子のレシピも数多く存在します。ぜひ参考にしてみてください。
ワンちゃんは自己管理ができません。ワンちゃんが長く健康で入れるようにできることの一つとして、毎日の食生活に気をつけて管理をしてあげる事です。
ワンちゃんには、味を感じる細胞が私たち人間の5分の1しかありません。

甘みは最も感じる細胞の多い味覚です。ワンちゃんは、人口甘味料より、果物に含まれる果糖や、牛乳などに含まれる乳糖が大好きです。
逆に、ワンちゃんは塩味を感じる細胞が全体的にかけています。ワンちゃんは、塩分を人間より必要とはしない動物です。そのため、塩分を感じる細胞が発達しなかったと思われます。

これらの事例のように、ワンちゃんは人間と同じものを食べても同じように味を感じる事ができません。
ワンちゃんが私たちが食べているものを欲しがることもあります。
しかし、あげてはいけません。私たちがちゃんと管理して、ワンちゃんのおやつ、主食を管理してあげることでコミュニケーションになり、より主従関係を
築く事ができるでしょう。

©2017 Lion Heart.
ページトップへ

電話でのお問い合わせはこちら